So-net無料ブログ作成
検索選択

ラッキーセブン 第7話 あらすじ・予告・ネタバレ [ラッキーセブン 第7話 あらすじ/予告/ネタバレ]


ラッキーセブン 第7話 あらすじ・予告・ネタバレ
2月27日(月曜)よる9時 フジテレビ


自分の元に現れる幽霊が死んだ恋人かどうか確認してほしいと、
トメという老女から依頼が入った。

奇妙な依頼に時多駿太郎(松本潤)は驚くが、トメはいたって
真剣だった。

しかし、筑紫昌義(角野卓造)から請け負えないと断られて
しまう。

寂しそうに事務所を後にするトメの姿を見た駿太郎は心が痛む。


そんな折、旭淳平(大泉洋)が友人から紹介された千崎陽子
(中越典子)とお見合いをすることになった。

陽子は航空関係の仕事をしているということで、淳平は見栄を
張って自分は弁護士だと嘘をつく。

その様子をこっそり監視していた駿太郎と水野飛鳥(仲里依紗)
はあきれる。

すると、陽子が自分は航空関係の探偵、つまり、乗客の忘れ物を
探す遺失物係だと言った。


数日後、陽子を呼び出した淳平は、嘘をついたことを謝罪し、
本当は探偵だと明かした。

陽子は、自分と同じだ、と打ち解けた様子で仕事への思いを
語り始める。

それを聞いた淳平は、トメのことを思い出す。


淳平が事務所に戻ると、藤崎瞳子(松嶋菜々子)がトメの件の
報告を受けたと言った。

引き受けることにしたのか、と尋ねる駿太郎に瞳子は、恋人の
幽霊を信じるトメに幽霊はいないと告げるのは酷だろうと答える。


その後、自宅に戻った駿太郎は、母・百合子(岡江久美子)に
亡くなった夫を思い出すことがあるかと聞いた。

百合子は、思い出しても戻って来るはずはないが、やはり思い出す
と答える。

駿太郎はトメのことを考え…。





nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。